そもそも「ふるさと納税」って?

最近になってよく聞く「ふるさと納税」という言葉。
でも、ちゃんと意味が分かっていない人も多いと思います。
ここで「ふるさと納税」についておさらいをしたいと思います。

ふるさと納税というのは、一種の寄付です。
全国各地の地方自治体に対する寄付だと思って下さい。
元はといえば、過疎化の進む地方は財政的にとても苦しいところが多く、
そうした地方に対して、都心に住んでいる人からも金銭的援助があれば助かる、という考えから、2008年にスタートした制度です。

ふるさと納税の金額は、数千円から。
数万円払ってもOKです。
地方の自治体は、もらった寄付の金額に応じて、
その地方の特産物を始めとしたさまざまな商品を寄付のお礼として現物支給してくれます。
そして、寄付した金額は、確定申告の時に申告すれば、寄付金から2000円をマイナスした金額が還付金として戻ってきます。
ですから、正確には納税ではないのですが、語呂がいいので「ふるさと納税」と呼ばれています。

具体的に言ってみます。
東京都に住んでいるあなたは、普通だったらある程度のお金を都民税として納付しなければいけません。その金額を10万円としましょう。
その時に、自分の出身地でもいいですし、面白い特産品をくれるところでもいいのですが、地方の自治体に5万円寄付したとします。
そうすると、だいたい3000~5000円程度の特産物がお礼としてもらえます。
そして、確定申告の際には「ふるさと納税」を5万円行なったことを申告すると、5万円マイナス2000円の48000円が還付金として戻ってきます。
ふるさと納税によって2000円多く出費が出てしまいますが、その分を特産品で補填すれば、結果として得になる・・・ということなのです。

単純に考えればそれほど得にはならないのですが、ふるさと納税でしか入手できない特産品などはプライスレス。そう考えると金額以上の価値がある場合も。
それに、地方自治体の活動に貢献しているという自負も生まれます。

このように、あなたも、地方自治体も、みんなが得をするふるさと納税、今ではすっかり人気に火がついています!

このサイトではふるさと納税の中でも特にオススメの特産品をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね!